なるほど!FP基礎知識

ファイナンシャルプランナーって何?


                 人が生きていくためには、必ずお金が必要になりますよね?

FP 女性.jpg


その大切なお金をどう活かすのは自分しだい。
でも、自分の考えや行動によって得したり損したりするのなら、誰だって得をしたいものです。


ファイナンシャルプランナー(正式名称:ファイナンシャルプランナー技能士、略称:FP)はそんなお金のプロフェッショナル。


保険・年金・金融商品・税金・不動産・相続と幅広い知識を持ち、顧客の財産形成や資産の運用に対してのアドバイスを行うのがお仕事です。


お客様の夢や、将来の生活を豊かにするために必要なお金に関する知識や判断力を持ち合わせ、個々のライフプランに合わせて目標に向かってサポートしていく、いわば家計のパートナーなのです。


時には弁護士、税理士、公認会計士などの専門家のアドバイスを受けながら、大切なお金をどのように活かすのか、お客様に合った最善の方法を探す手助けを行います。


日本ではまだ独立したファイナンシャルプランナーが少ないでが、アメリカでは、医師や弁護士などと並ぶ、ステータスな資格。
                 近年の経済低迷や金融商品の多様化で、今後、日本でもそのニーズがますます高まって
                 いくことが期待されています。




前の記事へ <<< 脳科学から見る効率的な記憶法、あります
次の記事へ >>> 幅広い分野で活躍!こんな仕事に活かせます



↓ 一番人気のファイナンシャルプランナー講座




>>ユーキャンのファイナンシャルプランナー講座はこちら