1週間で合格!私の必殺独学体験記

FP3級の資格試験を受けた感想

久しぶりに試験会場のピンと張りつめた空気を味わってきました!

FP 鉛筆.jpg

いやー、主婦となって久しぶりのこの良い緊張感。
今でも思い出すだけで緊張しちゃいます。


学科試験は午前で2時間、実技試験は午後から1時間の試験時間でしたが、時間には余裕があり、良い緊張感を残しつつ、落ちついて最後まで問題を解くことができました。


試験中に気になったことは、他の受験者の問題用紙をめくる音!!!


「まだ私が問題を読んでいるのに、もう次のページに行ったー!」とちょっとあせることも。

いやいや、きっと私のめくる音で、同じように緊張している人もいるとばかりに、大きな音でめくったりして・・・なんてね。222629.gif




学科試験について


学科試験の手ごたえは、ズバリ、「あり」です!


学科試験は見たことない問題もいくつかありましたが、試験問題は全部で60問で、
60点満点で36点合格ですから、14問間違えても合格できます。


おまけに「〇×式」、「三答択一式」の回答方法ですので、わからなくても2分の
1、3分の1の確立で正解可能です。


参考書を1冊じっくり読み込めば、9割くらいは見たことある問題ですので、合格
も十分に狙えると思います。




実技試験について


実技試験の手ごたえは、「合格ラインは突破したかな?」という感じでした。


実技試験は事例形式が5題あり、その設例に沿った問題が3問づつ、合計15問あ
ります。


学科試験に比べ出題数が少なく、1問あたりの配点が高いため、1つづつじっくり
良く考えて解答していきました。


そして、必ず計算問題がいくつか出題されます。
実技試験はすべて「三答択一式」の回答方法になっていて、三答の中に間違えやす
い解答も入っていますので、きちんと計算式を覚えておく必要があります。


覚えるのは面倒ですが、やはり計算式は大切です。



試験時間について


FP 時計.jpg

試験時間は学科試験が2時間、実技試験が1時間ですが、両方とも30分あればほとんどの方が最後まで解き終わるかと思います。


学科試験は開始から1時間経過後に答案用紙を監視員に提出して退室できるのですが、試験時間が残り30分をすぎると退室はできなくなります。また再入室はできません。
ほとんどの人が途中で退室し、試験時間の最後まで教室にみえた方は数人だったと思います。
もし、ひととおり問題を解けているのであれば、サッと切り上げて次の実技試験に備えて勉強するほうがいいと感じました。


実技試験は試験時間が1時間のため、退室はできません。




前の記事へ <<< 運命の試験日当日。いざ、試験へ!
次の記事へ >>> 試験日当日に合否を確認!試験の結果はいかに!?



↓ 一番人気のファイナンシャルプランナー講座




>>ユーキャンのファイナンシャルプランナー講座はこちら