1週間で合格!私の必殺独学体験記

脳科学から見る効率的な記憶法、あります

忙しい毎日の中で、時間を見つけて試験勉強するのは大変ですよね?


勉強していても、なかなか覚えられない人も多いと思います。

FP 記憶.jpg

しっかり覚えたつもりでも、1日経って参考書を見返すと、

「あっ、忘れてるっ!」とあせった経験は、誰でもあると思います。


・・・それもそのはず。


有名なドイツの心理学者であるヘルマン・エビングハウスの忘却曲線 (時間の経過によってどのように記憶した内容が変化するのかを計測 し、グラフ化したもの)によると、


  「記憶は20分後には、42%を忘れ、
      1時間後には、56%を忘れ、
       1日後には、74%を忘れ、
      1週間後には、77%を忘れ、
      1ヶ月後には、79%を忘れてしまう。      


   しかし、学習したことを忘れる前に繰り返し反復すること
   で、忘れる確立は大幅に低くなる」


という理論です。


つまり、タイミングよく何度も復習することができれば、記憶としてしっかり定着
できるということです。


そして、そのタイミングとは2日以内にもう一度復習をすることです。


すべて忘れてしまう前に復習することが大切で、また同じ時間をかけて勉強するに
も日を分けて勉強するほうが記憶がより定着します。


たとえば、1日3時間同じ勉強するより、1日1時間を3日間やるほうがより記憶
に残り、同じ時間をかけているのに、記憶に差が出てしまいます。


やはり、いっぺんに無理して覚えようとせず、毎日少しずつ勉強することが大切と
いうことですね。


貴重なあなたの時間を有効的に使いましょう。




「消えない記憶」にするために


記憶には、「短期の記憶」「長期の記憶」があり、長期の記憶は忘れにくくなり、
「消えない記憶」として脳に残ります。


私がやった丸暗記は残念ながら「短期の記憶」ですが、「長期の記憶」として残すには、

FP 脳.jpg




 1.理解して覚えた記憶


 2.繰り返し何度も覚えた記憶


 3.記憶をつかさどる"海馬"が刺激された記憶  


のいずれかに該当する必要があります。


「海馬が刺激された記憶」は、ショッキングな出来事などの記憶ですが、勉強していて
なかなかショッキングなことって起こりづらいですよね?


ここでは、1・2に該当するために、脳科学からみる記憶力アップのテクニックをいくつかご紹介します。
勉強方法を変えるだけで記憶力アップしますので、これから勉強する人はぜひ実践してみてください。



220471.gif1.書いて覚える
  一番オーソドックスな方法で、ひたすらノートに書いて覚える人、多いの
  ではないでしょうか?
  書くことは脳を刺激して、記憶力アップにつながります。

FP 勉強2.jpg


220471.gif2.口に出して覚える
  書くだけじゃなく、口に出して覚えたりなど五感の動作を使って覚えるこ
  とは記憶に残りやすいです。
  そして、覚えたことをあなたの言葉で説明できたら完璧です!


220471.gif3.関連付けて覚える
  何かに関連付けて覚えることは、思い出すときに1つの記憶をたどって、
  いもづる式に多くの記憶が引き出される要素になります。
  自分のわかりやすい言葉や形に置き換えたり、頭の中でイメージすること
  はとても大切です。


220471.gif4.1度で覚えようとしない
  私も効率よく覚えるために、一度で覚えようとしていました。
  何度も反復して覚えることは、記憶するのに一番良い方法です。

 
220471.gif5.ストレスをうまく解消する
  ストレスは記憶の邪魔をします。
  勉強ばかりしていると、誰だってイライラ、カリカリしてしまいがち。
  時にはパーッとストレスを解消して、リラックスして勉強にのぞみましょう。


220471.gif6.しっかり睡眠をとる
  やはり睡眠を削っては、脳を効率よく使うことはできません。
  私も一夜漬けで、試験当日は大変な思いをしましたよ。




記憶力が高まる時間がある!


どうせ覚えるなら、時間を有効的に使い、効率よく覚えたいものですよね?


では、どの時間帯に勉強すれば効率よく覚えられるかお話します。

まずは、体と頭のそれぞれのゴールデンタイムがあるのを知っていますか?

FP 睡眠.jpg

この2つのゴールデンタイムを押さえておけば、より効率的に記憶できると思います。



体のゴールデンタイムは、午後10時から午前2時まで。

この時間帯をまたいで睡眠をとると、脳から成長ホルモンが分泌され、疲れた体を
修復します。健康のため、お肌のためにもいいそうですよ!
良い睡眠は記憶力アップにつながります。



そして頭のゴールデンタイムは、午前4時から7時までの3時間。

この時間は、記憶が高まる時間帯といわれています。
睡眠は記憶の整理をして、記憶を定着させる効果がありますので、朝起きたときには
前の日の記憶整理され、受け入れ態勢が整っている状態。

FP 起床.jpg


少し早い時間帯と思われる方も多いと思いますが、体のゴールデンタイムである午後
10時までに寝てしまえば、この時間帯に起きて勉強するのも難しくはないと思います。


それにあたりも静かで集中して覚えられ、また、子を持つ主婦には、子供が寝静まっ
ているうちに勉強できるメリットもあります。


起きて3時間が勝負です!




前の記事へ <<< 絶対はずせない!私の試験対策
次の記事へ >>> ファイナンシャルプランナーって何?



↓ 一番人気のファイナンシャルプランナー講座




>>ユーキャンのファイナンシャルプランナー講座はこちら